電話

090-5813-0909

メール

misakipatopa@icloud.com

営業時間

am9:00~pm6:00(11月~3月はpm5:00)

こんにちは(^_-)-☆今回はお客様の施術記録を載せたいと思います

・脊柱管狭窄症とは?

首から腰までの背骨には、脊柱管と呼ばれる脳から体へとつながる神経の通り道があります。1~2cmの太さを持つホースのような管が、頭から出て首の真ん中を通り、背中から腰まで届いています。そして、そこから枝が生えるように手足への神経が伸びています。
脊柱管狭窄症とは、脊柱管が腰の部分で狭くなる病気です。そのため、腰から下の神経に関連する症状が出てきます。具体的には、腰の痛み、臀部(でんぶ)の痛み・しびれ、足の痛み・しびれ、足の筋力低下、歩行障害、排尿障害といった症状です。歩行障害は歩いていると、足が痛くなったりしびれたりして歩けなくなりますが、しばらく休むとまた歩けるようになるという症状です(間けつ跛行) 排尿障害は頻尿、夜間尿に始まり、残尿感、失禁へと進行していきます。私は脊柱管狭窄症の患者さんを何十人とみてきました。

・腰にこだわり施術を続けて効果がでた人はいません!

ほかに原因があるからです!そこに気づかない限りどこへ行っても痛みが消えることはありませんし、病院巡りをして終わります。70代男性 若い時はめちゃくちゃな生活をされていたそうです(ご本人談)脊柱管狭窄症に悩み手術を2回もしたそうです。私のところにきた時は手術から半年ほど経っていました。足を引きずって歩いていてなんだか傾いているようにも見えました。何度か施術しているうちに傾きや痛みの原因は腰ではないことに気づきました。私はお客様にそのことを伝え私なりの見解で私の狙った箇所を施術させていただけないか相談しました。お客様は『任せる!』と言ってくれて次からは私の思うように施術させていただきました。すると『体が軽い、いつもと違う、歩きやすい』と言ってくれました!昔を思い出していただきながら紐解いていくと、ずいぶん若い時から腰よりも前に病んでいた箇所だったそうです。

・結果2キロ痩せて血液検査の数値も良くなった

健康への意識も高まって毎日ウォーキングも始めたそうです。現在もメンテナンスのために通って下さり大好きなゴルフを楽しんでいるとのことです。

『俺のかたい体を動かしてくれてありがとう!ここに通って良かったです』といつも、とてもうれしいお言葉をかけてくれます!私は自分の知識や技術で誰かの役に立てた時ほど嬉しいことはありません。そのために勉強することをやめません!自分自身もお客様から教えていただくことがたくさんあります。こんな環境でお仕事ができることに日々感謝しています!気になる方は是非一度お問い合わせください!

 

 

 

 

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です