電話

090-5813-0909

メール

misakipatopa@icloud.com

営業時間

am9:00~pm6:00(11月~3月はpm5:00)

・これまでの歩み

令和2年現在、簡単に自己紹介します。
東海林深岬 30代 女。
整体セラピスト歴16年、総合格闘技歴23年、手相RM,心理カウンセラー歴1年。
起業して1年半で月商160万円達成と、こんな感じです。
私は普通の主婦でした。平成までは・・・
でも令和になった現在は起業して自由な時間と少しのお金を手にすることができています。
少なからず世の中のママさんと共感できる部分があるはずです。それではどうぞ!

・雇われパートの今までの生活

子供も2人いて上の子は小学校高学年、下の子は保育園児さん、歳の差姉妹です。 

30代の夫の給料は田舎の平均くらいで、手取り25万円です。
朝7時30分には家を出て帰宅するのは20時以降。
4年前に家を建ててしまい支払いが、最低でも35万円ないと生活できません! 

夫の給料だけでは全く足りないので当然ながら私も仕事をしていました。

私の勤務時間は
・朝8時30分から17時まで
・長い時は18時まで
・拘束される時間は10時間以上。
・時給900円

保育園のお迎えに行ってから夕飯作り正直疲れているので何も手につかず、子供たちの話声でさえ煩わしく感じました。早く夕飯を作って食べさせないと、でも栄養も考えないといけないし、ワンプレートにしてせめて洗い物だけでも減らせるようにしていました。お風呂に入れて寝かしつけて次は夜20時頃帰宅する夫の食事。その時に子供がうまく寝入ってしまえばいいのですが、物音がすると『パパー』と起きてきてしまいます。そうなると結局パパがお風呂から出て布団に入るまで起きています。当然パパが寝かせられるわけではないので全部家事をやり終えて疲れ切った私がまた子供の寝かしつけ…

男の人は仕事だけしていればいいの?共稼ぎで何故私だけ家事をしないといけないの?

食器洗いや洗濯物、このまま放置したら誰か片付けてくれるのだろうか…そう思って、ほったらかしたまま眠りにつき、朝起きると昨日放置した物たちがそのままであったり、なんだか全てが虚しくなりました。結局自分でやるしかないのかぁ・・・そんな私の気持ちを知る由もなく夫はまた会社へと出かけていきます。私はまた子供たちをお越し、忙しい朝をむかえます。そんな事を繰り返していたある日

・私の中でひとつの変化が起こります

私は18歳の頃から整体の仕事をしていました。昔からの夢だったわけでもなく、最初に就職した会社が閉店してしまったことから慌てて就職先を探したところ、勤務地が友達の職場の隣だからいいや!と簡単な気持ちで申し込みました。面接に合格したものの、資格をとりに東京に行くことになりました。そこからつらい研修に耐えなんとか地元に帰ってこれて就職しました。途中、妊娠出産で離れた時期もありましたが、結局この整体を通して人と人との蜜の関わり、自分の手で他の誰かに癒しを与える事ができる!この仕事をもっと追求したいと思いはじめました。

・癒しのもみほぐしから整骨院の治療業務へ

上の子が5歳になる頃、求人情報を見ているとひとつの整骨院で募集があったので電話をしてみることにしました。私は国家資格者ではないし、医療事務の資格も持っていない。ダメもとで『整骨院の受付の仕事をしたいのですが、、、』と電話をしたところ一度会って話をしよう!と言ってもらうことができました。

今思えばこれが人生の転機だったのかもしれません。

整骨院のオーナーさんと会って話をして院内を見て回ることになりました。『整骨院はここまでだけど、隣の建物で自費診療をやっているんだよ』と連れて行かれた先で針やら見たことのない機械が色々あってその横でボディケアをしていました。オーナーが『君には本当はこっちで働いてほしいんだけど、一から色々覚える気はない?』と聞かれました。私は『実は私は整体の資格を持っていてずっと温浴施設で働いていました。自分で言うのもなんですけど、競争社会で歩合制、順位まで発表されるところにいてそこそこいいお給料をもらってました!』と何故かプレゼンしていました。オーナーは目をまん丸くして私の手を握り『そぉーかぁー!じゃぁ、俺を揉んでみて』と言われてオーナーを施術する事になり突然スーツ姿で30分、もみほぐしをしました。施術を終えるとオーナーがむくっと起き上がって、『うまいなぁ、慣れてるねぇ、何年やってたの?』と私に興味をもって色々聞いてくれました。私も何を思ったのか

『いずれ独立したいともおもっています』と、潔く言い放ったのは覚えています笑 世間を知らないというなはある意味無敵かもしれません。この整骨院で学ばせていただくこと8年、いろんな人に出会い、いろんな経験をし、たくさん成長させていただき、今があります。もともと整体を受けることが好きなので旅行に行けば必ずマッサージを受け技術を研究し色んな所の良い点をまとめたノートをもとに開業しました。なぜここを辞めることになったのかはまた別の記事に書きたいと思います。(【個人サロン起業】主婦がサロンをOPEN!時間は自分でつくるものをご覧ください)

インスタ
https://www.instagram.com/re.fine.m/

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCuWTk5lsgeZeDFiQBtGUcAw

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です