電話

090-5813-0909

メール

misakipatopa@icloud.com

営業時間

am9:00~pm6:00(11月~3月はpm5:00)

こんにちは(^_-)-☆東海林です(^^♪長野県、日々最低気温を更新中(-_-;)寒い寒い日々を過ごすとともに鬼滅の刃にハマり中です。その中でとても興味深い単語があります。それは〝全集中の呼吸〟です。格闘家の私からしたらたまらなくムムムなワード(^_-)-☆結論から言ってしまえばこの呼吸法に勝る薬無し!です。

・全集中の呼吸

まずこれ何?ってはなしですよね?全集中の呼吸とは、鬼殺隊が必須とする呼吸法の総称。この呼吸により色んな技が繰り出されるのですが深い実に深い。
なぜならこれは武道も全く同じだからです。鬼滅の刃では全集中の呼吸と言っていますが武道では丹田呼吸法と言います。そもそも呼吸ができなければ生きていけないですよ!(笑)そのくらい人にとって大切な呼吸。これについては以前記事を上げていますのでそちらをご覧ください。
【パニック障害・不安】薬では治らないから自力で治す~呼吸編~

今回はこの武道でも使われる丹田呼吸法が体に良いことだらけだということが科学的にも証明されていることと実際に格闘家である私が体感したことそして現在薬なしでパニック障害・不安症をコントロールしている話をしていきたいと思います。

・武道でいうところの丹田呼吸法

丹田とは丹田とは?Wikipedia引用

おへその下に意識を集中させて息を吐ききります。息を吸ってまた丹田を意識してゆっくり吐ききります。武道では息を吸ったときは一瞬の隙ができ吐いたときに最大のエネルギーができると言われております。なのでこの呼吸を乱さずに繰り返すということが大切でありメッチャムズイのです( ;∀;)経験者は語る(笑)ですがこの呼吸法ができれば最強!なんです。最強なことはたくさんありますが科学的にも証明されている3つの大事な結果をお伝えします。

・呼吸法により証明されている効果その①

・長生き・美容効果 深呼吸を毎日している人と呼吸が浅い人では酸素を取り込む量が違うことが実験結果として出ています。酸素をたくさん取り込み全集中の呼吸ができるとテロメアという染色体の長さが長くなるという結果が出ています。テロメアが長いほど細胞を若々しく保って病気になりにくい体が作られるということです。また認知症予防にも効果があったそうです。

・呼吸法により証明されている効果その②

・痛みの緩和 どこかぶつけた時(特に押しの指)痛すぎて息が止まりますよね。それによって痛さの全集中が痛めた個所に意識がいって余計に痛みが増してしまうのです。有名な呼吸法でラマーズ法ってありますよね?そう、あの出産のときの呼吸法です。ラマーズ法は昔、痛みと戦うために考案された素晴らしい呼吸法と言われていますが現代では痛みを和らげる効果もあるそうです。あの独特な〝ヒッヒッフー〟やってみたらわかりますが、ずっと吐くやん(笑)
呼吸に意識を向け、吐くことによって痛みから気をそらすこととリラックスすることでより安全かつスムーズにお産ができるようになるそうです。そうは言ってもお産に痛くないなんてあり得ない!自然分娩も帝王切開も経験している私から言わせてもらえば全部痛てぇ( ;∀;)しいて言えば呼吸法に救われた部分はありましたってだけで、世の中のお母さんたちはみんな命がけで出産していますよ。

・呼吸法により証明されている効果その③

・ストレスの軽減効果 深呼吸によるストレスの軽減効果が高いことはご存じだと思いますが丹田呼吸法による効果はもっと高いことが証明されています。全集中の呼吸により酸素をたくさん取り込むと血液の循環が良くなり脳にも体にも巡ります。そうすると自律神経の働きが良くなり内臓をコントロールしてくれますがこの自律神経が乱れると脳も体も誤作動が起こりやすくなりパニックに陥った体は防衛本能が働きパニック発作を起こします。すると体はストレスを感じ眠れなくなったりなかなか疲れが取れなかったり不調をきたします。

・以上のことから伝えたい事

鬼滅の刃のストーリーでも呼吸が乱れると技が出せなかったり体に痛みを感じたりしていますよね?現代人も同じことで苦しい時、痛い時呼吸を意識してみると解決できることも増えると思います。実際に私が試合をしているときに呼吸が乱れるととにかく疲れて体力が長持ちしませんでした。それでも技と呼吸が重なったときは爆発的な威力になりました。丹田呼吸法、ラマーズ法と名前を出しましたが、一日に意識して深呼吸する時間を作りましょう♪発作が起きてしまったときは吐くことに意識を全集中させるとすぐに楽になりますよ♪
もしかして鬼滅の刃の作者の方は武道家だったのでは、、、、(笑)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です